大牟田の観光をプロモーションする

協議会規約

  • HOME »
  • 協議会規約

 

協議会規約


第1章 総則

(名称) 第1条 本会は、大牟田た~んとよかとこ協議会(以下「協議会」という。)と称する。
(目的) 第2条 協議会は、観光に係る様々な団体と協力・連携し、魅力ある観光商品の創造や情報発信、回遊性の促進など、観光振興に係る地域経済の活性化を図ることで、観光を通じた地域づくりに寄与することを目的とする。
(事業) 第3条 協議会は、前条の目的を達成するために必要な事業を行う。
(構成員) 第4条 協議会の構成団体は、別表のとおりとする。
(委員) 第5条 委員は、前条に該当する構成団体が推薦する者とする。
(事務局) 第6条 協議会の事務を処理するため、協議会に事務局を置く。
2 協議会の事務局は、一般社団法人大牟田観光協会及び大牟田商工会議所並びに大牟田市が担う。

第2章 役員

(役員) 第7条 協議会に次の役員を置く。
(1) 会長  1名
(2) 副会長 2名以上
(3) 監事  2名
2 会長及び副会長並びに監事は、委員の中から選任する。
(役員の職務) 第8条 役員の任務は、次のとおりとする。
(1)会長は、協議会を代表し、会務を総括する。
(2)副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。
(3)監事は協議会の会計を監査し、その結果を協議会に報告する。

(役員の任期)
第9条 役員の任期は、2年とする。ただし、補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。
2 役員は再任されることができる。

第3章 会議

(会議) 第10条 会議は、会長が招集し、議長を務める。
2 会議は、委員の2分の1以上の出席で成立するものとし、議事は出席委員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
3 会長は、必要があると認めるときは、会員以外の者の出席を求めることができる。

(オブザーバー) 第11条 協議会は、必要に応じて意見を求めるためオブザーバーを置くことができる。
(部会) 第12条 会長は必要に応じて、部会を設置することができる。
2 部会長及び副部会長は、部会員の互選とする。
3 部会長は、部会を総括し、部会の運営にあたる。
4 副部会長は部会長を補佐し、部会長に事故があるときは、その職務を代理する。
5 部会長は、必要があると認めるときは、部会員以外の者の出席を求めることができる。

第4章 その他

(会計年度) 第11条 協議会は、必要に応じて意見を求めるためオブザーバーを置くことができる。
(経費の負担) 第14条 協議会に要する経費は、負担金、補助金、助成金及びその他の収入により充てるものとする。
(秘密の厳守) 第15条 会員は、第3条の事業の実施において知り得た秘密を他に漏らし、又は自己の利益のために利用してはならない。
(補則) 第16条 この規約に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項については、会長が別に定める。

附則

この会則は、平成28年11月10日から施行する。

 

 

協議会に関するお問い合せ先 TEL 0944-52-2212 受付時間9:00-17:30[土・日・祝日除く]

所在情報

〒836-0843

福岡県大牟田市不知火町1丁目144−4

(大牟田観光協会内

TEL 0944-52-2212

検索

大牟田観光動画

大牟田観光動画「世界遺産・宮原坑でマネキンチャレンジ」

1898(明治31)年開坑。2015年7月に世界遺産に登録されました。我が国で現存する最古の鋼鉄製やぐらや迫力ある巻上機などを見に来ませんか?

facebook

  • facebook
PAGETOP