「天下五剣」と呼ばれる名刀をご存知ですか?
その中の名剣の一つ、「大典太光世」は徳川家康公や豊富秀吉、足利家や前田家が所有した名刀ですが、
この名刀は大牟田三池の刀匠による作品です。
大牟田は、こうした名刀が生まれた場所である一方で、今もなお、四郎國光の5人の刀匠による刀鍛冶が
行われる場所でもあります。
 こうした大牟田の刀剣の歴史を、皆さまにも身近に感じてもらうため、11月4日(土)に、大牟田で
初めてとなる刀剣イベントを開催します!ご期待下さい!

※詳細な参加応募方法などは、後日公開致します。